わが家の水虫を全滅させた方法

  • LINEで送る

一家の誰かが水虫感染者になると、遅かれ早かれ全員が感染者になる運命に。

あなたが心配なのは、
「子供の水虫」ですよね?

「旦那からうつったかも?」

「おじいちゃんから移った」
お父さんとおじいちゃん

うちの子もそうでしたが、赤ちゃんや幼児が水虫になってしまうのは親の責任となってしまいます。。。

まだ皮膚科に勤めていなかったわたしは水虫のことなんてよくわかりませんでしたので、調べてみると「赤ちゃんでも水虫に感染する」と・・・

⇒こうすれば「もう、裸足で動き回っても大丈夫!」

あわててネットで調べましたが、「大人の水虫」のことばかり・・・

「なんで水虫なんかに~?!」
「ありえない!」

調べていくうちにわかりました。

「主人からうつった」と。

本人は「自分が水虫だ」とは絶対に認めませんでした。
しかし後日、水虫だったと判明。

このサイトで何度も書いていますが、家族の誰かに水虫感染者がいると、全員が感染者になるのは時間の問題です。
自分の家が“水虫の感染源”になってしまっているのですから。

また、
せっかく完治しても、家族に水虫の人がいれば再び感染することがあります。

親子は体質が遺伝していますから、特に感染しやすいです。

参考までに、
皮膚科医で作る研究会での発表では、水虫患者と同居している人の水虫の感染率は、配偶者(49.8%),子供(18.8%)
配偶者については、「約半数は感染してしまう」ということです。

⇒じゃあ、どうすればいいの?

  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ