予防する方法は?

  • LINEで送る

皮膚を乾燥させ清潔に

水虫の菌である“白癬菌”はカビによる感染症です。湿気のあるところを好みます。
つまり、まずは、
“洗って„“乾燥させる„ことです。
これが一番大切になります。

特に以下の人は注意して下さい。

  • 太り気味
  • 足の指の間がくっついて隙間がない

このような方は汗をかくと、
指がくっついているため通気が悪く汗がたまり水虫になりやすいのです。
白癬菌の生息にとてもよい環境を作ってしまいます。

子どもでも同じです。

汗をかいたらまめに洗うなり拭くなりして、靴下も履き替えます。

よく言われますがナイロンの靴下は水虫にはよくありません。通気性が悪いですから。
“綿の靴下„をおすすめします。
家にいるときは裸足がいいでしょう。

靴も気をつけましょう。
幼児や赤ちゃんは長時間履きっぱなしになることはあまりないかと思いますが、
親である大人は、結構多いのではないでしょうか?
長ぐつシューズ皮靴

長靴や革靴などの通気性の悪い履物はもちろんですが、
普通のスニーカーなども決して通気性が良いとは言えません。
仕事などで履き続ける方は、休み時間や合間をみて
よく洗い、乾燥させることを意識しましょう。

洗ったあとは必ずよく乾かして下さい。濡れたままクツを履き続けては意味がありません。

「そこまでできない」という方は、
通勤は革靴などでもしかたありませんが、職場に着いたらサンダルに履き替えるなどの工夫をしましょう。
これだけでも、かなりの予防になります。

「洗う」ということについて『一緒に洗濯しても大丈夫?』も参照してほしいのですが、
洗うことにあまり“神経質”になってしまうと、
消毒液をつけてみたり、1日に何度も強くゴシゴシ洗ったりということをくり返してしまいます。
その結果、
水虫以外の皮膚病になってしまう方もいるのです。

石けんのアルカリは皮膚の脂分を落として「皮膚バリアー」を壊してしまいます。もちろんその働きで汚れをおとすのですから適量なら問題ありませんが、
多かれ少なかれ角質層をはがして水分を奪ってしまうものなのです。
まして、そこに消毒液や殺菌性の強い薬用石けんなどを使えば、かえって悪化させることもあるのです。

あまり高額な石けんも、香料によっては皮膚に刺激をあたえることもありますから、
低刺激性の石けん、またはごく普通の石鹸で大丈夫です。
とはいえ、やはり使い過ぎはよくありませんので。念のため。

洗ったとは、できればベビーオイルなどを塗って油分を補っておきます。

家族の水虫に注意

何度も書いていますが、家族のだれかが水虫であれば感染する確率は飛躍的に上がります。

感染した人の足からカビのふくまれた皮膚がはがれ落ち続け、家の中にばら撒かれ、家族内感染の原因になります。

ですから家族といえども、
「自分が水虫」とはいいにくいかもしれませんが、ご自分のお子さんに感染してしまうのですから、ここは腹をくくって、
ぜひ「水虫」と認めて下さい。
ご自身のプライドよりも、子供のことをおもってあげて下さいね。

そして全員で治す意識を持って下さい。そうすれば家の中から水虫をなくすことが出来ます。

ペットは大丈夫?

白癬菌の感染は犬・猫・うさぎ・ハムスターなどからも多くなっています。
特に動物と接触する首・腕などですね。

飼い猫や犬が、かゆがっていたり、一部分が脱毛しているような状態のときは“皮膚を得意とする動物病院”を受診しましょう。
この場合も「ペット」と「家族」両方の治療が必要となります。

  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ