こども(男児)のお尻のおでき・せつは手を清潔に

  • LINEで送る

症状と原因

幼児のお尻や陰部のまわりに、押すと痛がる赤い湿疹ポツポツが出来、
とくに男の子の下腹部に皮疹がいくつも見られます

おむつをしていた時期にはあまりみられず、
自由に動き回り、汚れても気にせずにいる時期の幼児に多いようです

はじめは痛かゆいのでかきむしりますが
トイレなどで汚れた手でいじるために、便やおしっこの汚れが付着して悪化します

また、「おでき・せつ」は、季節に関係なく発症します

黄色ブドウ球菌が原因の事が多いようです
この菌は、皮膚、鼻、のどなどに広く存在し、手や衣類を介して感染します。

治りかけの湿疹とできたばかりの湿疹の両方がみられますが
これは、段々に広がっている状況を示しています

痛みながら進行して、水のような膿が出ると、やがてその部分は治ります

悪化すると熱が出たり急性リンパ節炎を起こすこともあります

どうすればいいの?

決して自ら潰すようなことはしないでください

細菌感染を防ぐために、塗り薬や経口のくすりが出されます

原因である黄色ブドウ球菌は鼻の穴の中に存在するので
鼻をほじったりの行為はやめさせましょう

よごれやすい所なので、おしり等もいつも清潔を保ち
患部をさわっていると、しみ出てきた膿が周囲の皮ふに付くため
お風呂には入らずシャワーですませるようにしましょう

大人と違い、こどもは「さわるな」といってもいじってしまいますので
つねに手を洗い(ハンドソープなどを使います)清潔を保ち、爪も切って感染の防止をしましょう
幼児の手

また、下着に膿がついていたら着替えさせます
  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ