水イボ

  • LINEで送る

水イボはプールでうつる?

プールの”水の中”での感染は心配ないと思いますが、「直接肌に触れる」「ビート板」「バスタオル」からは、うつることがあります。

しかし、誤解しないでほしいのは「触れたら100%うつる」わけではありません。
「イボの中」のウイルスに触れると感染するのです。
ですから、単純に水イボの子と手をつないだだけでうつるわけではありませんが、アトピー性皮膚炎があると皮膚バリアーが弱いのでうつりやすく完治も遅れがちです。
また、水いぼがあると保育園・幼稚園・小学校によってはプール禁止になる場合がありますのでご確認ください。

正式には「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」と言い、皮膚に”白く少し光っている小さなブツブツ”ができます。

画像
ポックスウィルスの感染で幼児や小学校低学年の子どもに多発します。

治療

皮膚科ではピンセットで取り除くなどの処置をしますが、痛みはあるため、麻酔テープを貼ってから取り除くことも行なっています。

一方、同じ水いぼでも「小児科」では、そのまま自然に治るのを待つドクターが多いようです。
その場合、完治まで”早くても”6か月くらいはかかりますので、周りへうつしてしまったりイボの数が増えてしまったりなどの問題もあります。

では、「どちらがいいのか?」ということになりますが、「正解」はありません。
ただ、はじめに「自然に治るのを待つ」を選択した患者様が、しばらくして「やはり取ってほしい」と来院される方も多いのです。
これは「プールの許可が出なかった」「だんだんイボの数が増えてきた」という理由からです。

実際に水いぼを除去する治療ですが、すべて取り除くことは難しいです。
あまり痛がるお子さんは大きめのイボだけ取り除きますし、泣き叫ぶ姿がかわいそうでつらいという親御さんの気持もわかります。

あまり痛みを感じない「冷凍凝固療法(液体窒素を使用)」もありますが、幼児にはおすすめできません。
ほとんど痛みなく除去するなら、
「硝酸銀を塗る(多少ピリピリする)」か「スピール膏」あたりでしょうか。

お風呂は、除去した翌日から普通に入って大丈夫です。市販の消毒液などは塗らずに(かぶれたりするため)普通に水で洗ってあげて下さい。

「大人にもうつりますか?」とよく聞かれるのですが子供ほど多くありませんが”まれに”はあります。

ちなみに、子供の成長とともに抵抗力がつき小学生の高学年くらいには水イボになる事もなくなります。

連れていくのは小児科?皮膚科?

皮膚の疾患ですから皮膚の専門である「皮膚科」が良いと思いますが、かかりつけの先生と相談されるのもいいでしょう。

自分で病院に務めていて感じますが「専門医」じゃないとわからないことは、みなさんが考えているより多いです。

「医者だからどこでも同じ」「医者ならわかるだろう」と思われるようですが、これは誤った考えです。
「餅は餅屋」といいますが、実際、他の科を受診した後、来院して「なぜこの症状でこの診断を?」と疑問に思うことはかなりあります。
医者といっても「専門」と「専門外」があります。専門外の知識は意外と無いものです。

そこをしっかり認識して子供を守ってあげましょう。
画像2

予防法

乾燥肌の子どもはうつりやすくなるので、保湿剤を塗るなどケアをしておきましょう。

夏場は保湿などの皮膚ケアを怠りがちですが、半袖などで肌が露出していますし、紫外線もそれだけ多く浴びています。以外に乾燥していますので油断しないようにして下さい。
画像3

再発するの?

基本的には一度かかるとウィルスに対する免疫が出来て再発しないのですが、子供によっては再び感染してしまうこともあります(その子の体質や、免疫力が弱い場合)

水イボとイボは違う?

よく「いぼと水いぼって違うんですか?」という質問もされますので、それぞれの特徴を下記にまとめておきます。

    水イボ(伝染性軟属腫 / でんせんせいなんぞくしゅ)

  • ポックスウイルスの感染による
  • 白くツヤツヤしたイボ
  • 子どもに多い
  • 胸や腹部、わきの下など、体幹部に多い(まれに手足に発症する)
  • 治療は「除去」「放置」「ぬり薬」とあり、除去は痛みがあるため子どもがイヤがる。麻酔テープを貼れば痛みはやわらぐが、すべての除去は難しい。
  • 放置は、本人の体にボックスウイルスの免疫ができれば自然に治るが、早くても半年くらいはかかる。

    イボ(尋常性疣贅 / じんじょうせいゆうぜい)

  • ヒトパピローマウイルスの感染による
  • 表面がざらざらした固いイボ
  • 手足に多い
  • 関節リウマチなどの「免疫抑制剤」を使用している人にも多発する。
  • 老人の顔の小さくツノのようになっているイボを幼児や子供がいじって感染を広げることもある。
  • 治療は「液体窒素」「スピール膏」「レーザー照射(保険適用外)」などで除去
  • LINEで送る

サブコンテンツ

このページの先頭へ