トップ

家族

皮膚科に勤務しています『ゆう』と申します。

生活の欧米化で子供の水虫・たむしが増えており、
かつて私の子供も水虫になってしまった経験から
赤ちゃん・子供の「水虫・たむし」専門サイトを立ち上げました。
お役に立てれば幸いです。

「うちの子、水虫かも?」と、悩んでいる親御さんへ。

いきなりですが、

両親のどちらかが水虫ではないですか?
あるいは、
おじいちゃん?おばあちゃん?

同居している家族に水虫があれば、子供にいつ寄生・増殖してもおかしくないのです。

かつての我が家のように。

家族が原因

お子さんが水虫の場合、
同居している家族に原因があります。

わたしも、
自分の子供が1歳の時に水虫になり
「こんなに小さいのに水虫!?」とショックを受けました。

一回は治ったのにまた再発させてしまい、
本当に可哀想な思いをさせてしまいました。

家族(主人)が治療し、それからは無縁となりましたが、
近年、幼児や子どもの水虫が増えてきています。

現代の”欧米化”生活を続けている限り”水虫”との縁は切れないとも言われています。
もはや「現代病」ともいえるでしょう。

こちらのサイトで、じっくり、解説していきます。

■ 水虫 ■

■ たむし ■

■ その他 ■

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ